Blog ブログ

PROMEMORIA×tomita 家具と壁紙の最高峰コラボレーション作品

Posted date 2021.03.19

こんにちは。

 

先日、㈱トミタからイタリアの高級オーダー家具プロメモリアとトミタの壁紙が

コラボレーションしたスペシャル家具 ”AMARCORD” がtomitaTOKYOへ納品されたとの情報を

頂きましたので早速ですが見に行って参りました。

 

まず、このコラボレーションはプロメモリアのオーナーデザイナー、

ロメオ・ソッツィの息子 ダビデ・ソッツィが来日した際、その場でスケッチを描いたことから始まったそうです。

  

 

家具デザイナーであり、建築家でもあるダビデ氏は、

以前から日本の伝統技術や素材を大切にしたもの作りに共感し、

「いつか家具の素材として使ってみたい」と話されたそうですよ。

 

帰国後、ダビデ氏は見事にスケッチ通りの作品を造り上げ、

2019年のミラノサローネにてプロメモリアのブース内にキャビネットは展示されました。

プロメモリアの家具に惚れ込み、日本での販売を決意された㈱トミタの副社長 富田州正(くにまさ)様との

長年の友情の証とも言える一品だそうです。

 

SPECIAL “AMARCORD”  プロメモリアとトミタがコラボレーションした記念すべき第一号の家具

ミラノサローネ プロメモリアブースのウィンドーに展示されたキャビネットの前で副社長とダビデ氏。

 

素敵ですよね。

上記のようなお話を以前からお聞きしておりましたので

現物を見ることが出来ると聞き、とても楽しみにtomitaTOKYOショールームへ伺いました。

 

 

では御覧ください。

 

まず第一印象は、お~っ、華やか!!と思いました。

そして想像していたよりも大きく存在感がありました。

 

 

桐の密な木目の自然な光沢がとてもとてもキレイでした。

 

キャビネットの内側は濃いグリーンで照明が組み込まれています。

開けた時にも魅せる演出がされています。

 

 

Art Wall LEGENDの桐壁紙が組み合わされて一つのデザインとなっています。

 

ドアパネル、側板、天板、違うパーツですがどこから見ても柄を完璧に繋げて貼り合わされています。

どの様に柄合わせを計算されるのか、作り込まれ方が本当に凄いです。

 

 

 

 

 

ご覧になった他の方々も日本ではこんな家具はとても作れないと仰っていたとのことです。

プロメモリアの家具は本当にスペシャルです。

 

そしてArt Wall LEGENDも日本の特別な伝統技術から手作業で生まれる特別な壁紙です。

桐を薄くスライスしたパーツを一つ一つ木目の向きを変えながら手作業で作られています。

素晴らしく美しい壁紙です。

 

 

 

作り上げる工程を想像すると気の遠くなるような作業ですよね。

素晴らしい伝統技術を受け継いだレジェンドと呼ばれる職人の方々に心から敬意を表したいです。

 

 

プロメモリアの家具もArt Wall LEGENDの壁紙も

とても高級品でお値段的にも自身の生活にも全く程遠い物ではあるのですが

これを知っていることや実際に見て感動することが大きなステップになっている気がします。

 

作りの良い物、素材の良い物を知ると

例えば他の家具を見た時や洋服やバック、ちょっとした小物を買う時でさえ

納得する尺度が少し変化したように思います。

 

「目が肥える」とはよく言ったものですね。

知っているだけでもなんだか楽しい!そんな風に思えます。

手が届かなくても良い物を知ることは後々の本当の豊かさに繋がるのではないでしょうか?

 

弊社の取り扱う商品は一般的なものに比べてハイエンドではありますが、

ぜひ多くの方にご覧頂きたいと思います。

世界の素晴らしい物を実際にご覧頂き、様々な要件からより良い取捨選択を

お客様にして頂きたいなと思います。

 

まずは見て頂くのが一番です!

Art Wall LEGEND コレクションは栄ショールームで現物をご覧頂けます。

一見の価値がございます。

 

輸入壁紙やファブリック、弊社の行うリフォームなどに少しでもご興味のある方は

どうぞお気軽にショールームへご来場下さいね(*^^*)

 

スタッフ一同、心より皆様のご来場をお待ちしております♪

お電話でのお問合せ 052-957-2333 ツカサディザインコマース
公式LINEアカウント