Blog ブログ

プロメモリアマスターピース 海外ストック キャビネット編

Posted date 2021.02.08

プロメモリアの海外ストック品を一部ご紹介致します。

展示会などで発表されたプロメモリアの中でも特別なものばかり。

 

使われる素材は世界各地から選び抜かれたものばかりです。

木材は木目や香りに至るまで世界の最高品質。

上質なレザーやシルク・リネン・ジャガードなどの布製品も希少価値の非常に高い物です。

 

こだわり抜いた貴重な素材を使い、一流の技術で制作されています。

 

“オートクチュールの世界一美しい家具”

 

と言われるプロメモリアをご堪能下さい。

 

 

今回はキャビネット編。

エレガントなスタイル、美しい色にもぜひご注目下さい。

 

では御覧ください。

 

 

 

ALCHEMICO LUI

 

とても印象的な色とブロンズの金具。

引き出しと椅子は収納可能。内部はグレーのレザーで装飾されています。

 

 

 

 

 

こちらは一押し!

以前弊社のブログでもご紹介しておりますBACCOです。

プロメモリア「Bacco」キャビネットバー エレガント&スマートにお酒を嗜む

 

コンパクトながらシーンを演出するキャビネットバーです。

この様な、外で飲食がし辛い世の中だからこそ

ご自宅やホテルの一室、社長室やオフィシャルなお部屋の一角に置いて欲しいと思います。

 

 

 

BACCO limited edition

 

ドアパネルはヒノキ細工、ブロンズの取手。

日本人には馴染みの深いヒノキ。良い香りがしそうですね。

 

冷蔵庫・製氷機付

 

 

 

BACCO

 

リネンのエクストラファブリックが表装となり、

雄々しさのあるモラドの木目とブロンズが見事な姿です。

 

 

 

 

 

ここからは4点 小さめでとても見た目が可愛いものをご紹介致します。

 

CASSETTIERA ‘700

 

とてもきれいなモスグリーンのCASSETTIERA ‘700

ガラスビーズのような輝きのあるこの素材、何だと思いますか?

 

 

なんと、エイ革(ガルーシャ)です。

エイ革の表面にはキラキラとした宝石のような輝きがあります。

この輝く粒は人間の歯や骨と同じリン酸カルシウム。

ですので大変硬く、加工が大変難しいですが傷が付き難く強靭で

一説には牛革10年エイ革100年とも言われるほど丈夫とのことです。

 

また、背中の中心部分には、「スターマーク」と呼ばれる白い斑点が並んでおり、

一匹に一箇所しかないためこの部分を目立たせるデザインが好まれるそうです。

エイ革を使った鞘や財布、バックなどはありますがこれだけ大きなものを作るとなると

多少なりとも複雑な気持ちにもなりますが、そだけこの物に対してもを尊さを感じます。

 

エイ革がガルーシャと呼ばれる所以は18世紀にも遡り、

有名な革職人だったジャン クロード ガルーシャ(Jean-Claude Galuchat)が作る大変魅力的な小物装飾が

フランス国王ルイ15世の目にとまり、国王とその側近のために腕を奮ったそうで、

その偉大な革職人を称えてヨーロッパではエイ革をガルーシャと呼ぶそうです。

 

装飾の歴史、技術者を称える文化、やはりヨーロッパって凄いなと思いますよね。

 

エイ革についてを調べれば調べるほど

このCASSETTIERA ‘700がどれだけ作ることが難しかっただろうことや

価値のある家具なのかということを感じずにはいられません。

ご興味のある方はぜひエイ革という素材の魅力からお知りおき下さい。

 

内側はベージュ色のナッパレザーです。

プレミアムなベンツやレクサスなどの高級車の内装に使われるいるのもナッパレザーですね。

 

 

 

 

GONG

 

引き出しの面材はイングリッシュレザーです。

経年変化により新品のマットな状態からは想像もつかないような光沢や色味の深まりを見せるそうです。

ブロンズの渋い光沢と相まってどんな輝きを見せるのでしょうか。

 

 

 

SCRIGNO

 

脚がスッとすぼまっていくと美しいスタイルのサイドキャビネットです。

布地がそれぞれとても色っぽくエレガント。

ダークブロンズの鋲打ちがなんともおしゃれですよね。

 

 

 

 

 

PEGGY

 

 

 

プロメモリアらしい端正なモジュラー本棚です。

木製の横棚板、ブロンズの縦板

 

同じコレクションでも下のものは縦方向のパーツは革で覆われています。

カスタマイズは革やファブリックなどを選べるようですよ。

そして、ユーザーに合わせてキャビネットや引き出しチェストを追加出来ます。

 

 

こちらのキャビネット扉面に刺繍生地がはられています。

PIERRE FREY BRAQUENIEの生地に似ていますが少し違う様な・・・。

きっとアンティークな特別な生地に違いありません。

 

 

 

GEORGE

 

こちらはGEORGEジョージという名のキャビネット。

キャビネットの箱部分はすべてヴェルベットで覆われています。

天面と側面にはモールディングが施されてそのモールディングすべてにも贅沢なヴェルベットがはられています。

 

 

台座やヒンジなどの金具部分にはブロンズが使われ、

引き出しには布や革が隅々まで覆われています。

内面も大変ファッショナブルなデザイン。

 

なんと、ジョージとはハリウッドの大スタージョージ・クルーニーからのインスパイアだそうです!

納得!!

ジョージ・クルーニー、お若い頃から現在も本当にカッコいいですもんね。

映画が見たくなりました。

 

このGEORGEは始めデザイナーの私邸のために作られたそうですが

その後、一般向けに採用され、2009年に恒久的なプロメモリアコレクションの一部となり、

世界中の新聞の表紙に掲載されたそうです。

 

 

Kyoto atto II

 

 

 

最後はKyoto atto Ⅱ

私達に馴染みの深い京都に思いを馳せて作られたイタリアのプロメモリアの家具。

とても嬉しいですよね。

直線的な茶箪笥のイメージで扉は光沢を抑えた手織りの生地がはられています。

モダンでとても素敵ですね。

 

 

いかがでしたか?

海外ストック品、キャビネットの一部をご紹介致しました。

 

素晴らしい作品ばかりです。

次回は違うカテゴリーの商品をご紹介致します。

どうぞお楽しみに。

お電話でのお問合せ 052-957-2333 ツカサディザインコマース
公式LINEアカウント