Blog ブログ

パリ・デコ・オフPART4 フランスで世界で大人気ファブリック!!PIERRE FREY(ピエールフレイ)のパリショールーム (フランスインテリアファブリック)

Posted date 2019.03.05

2019年パリ・デコ・オフ レポートPART4です。

名古屋の栄ショールームにも何度もお越しいただいている

フランス最高峰ファブリックメーカー、ピエールフレイのマシューさんにもお会いしました!

 

株式会社トミタの富田州正社長、富田亙正副社長とマシューさんのご商談にもご同行させて頂きましたよ。

 

ではご紹介致しますね。

 

ピエールフレイの傘下にあるブランドを一同に見ることが出来るショールーム。

ピエールフレイ、ブザック、ブラクニエ、フェディーニボルギ、ル・マナック。

錚々たる憧れのブランドです。

 

 

まずは広々とした空間をパノラマでご紹介。

ラグとソファの広々とリラックスした空間で商品選びが出来るのがすごくいいですね。

 

 

 

 

こちらはブラクニエです。

ショーウインドウにもこの生地のカーテンが掛けられていましたね。

 

 

 

 

先日の『マツコの知らない世界』オーダーカーテンの世界でも一躍名を馳せたブラクニエ。

手刺繍のフランス王朝時代から続くデザイン。

そしてやはり高級ファブリックで作るオーダーカーテンの価格に

マツコさん同様に驚かれた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

確かにブラクニエは海外ファブリックの中でもとても高級品です。

デザイン、糸、色、織、全てに歴史的価値とハイレベルな先進技術があります。

 

海外ファブリックは日本での生地のイメージとは全く別物です。

 

ファブリックそのものに一見の価値がございます。

ぜひ見て触れて芸術品を感じて下さい。

 

栄ショールームにもブラクニエの新作見本帳が入りますよ。

ぜひ一度ご覧になって下さいね。

 

NELUMBO (ブラクニエ)

 

 

こちらは株式会社トミタの富田社長です。

富田社長が選ばれた新作の数々が日本に入ってくるのも、もう直ぐでしょうか?

皆様もどうぞ楽しみになさっていて下さいね。

 

 

 

 

 

背面のとても素敵な展示はラグサンプルです。

 

 

ピエールフレイのデザインをオーダー出来ると仰っていました。

日本のラグでは見たことのないデザインばかり。とってもとっても素敵です。

これは個人的にとても欲しくなりました!

弊社のショールームにもこんなコーナーがあったら良いなと思います。

 

 

 

マシューさんと富田副社長。

いつも弊社のショールームで開催している発表会では通訳も副社長にお願いしています。

 

 

ではピエールフレイのショールーム内の展示などをご紹介していきますね。

 

すごくきれいなブルー・グリーンですね。

 

 

 

プレーンスタイルにピッタリのデザインでとてもかっこいいです。

インディコブルーがとてもいいです。

OBSIDIENNE (ピエールフレイ)

 

 

壁紙とソファのグリーンとブルーがとても良いですね!

先にご紹介したブルー・グリーンのカーテンと同じデザインの壁紙です。

PACHIRA (ピエールフレイ)

 

 

 

 

一枚の布で絵になるものばかり。

 

 

 

 

 

天井まであるものすごく大きなサンプル棚でしょうか?

お宝の生地サンプルがいっぱい。

 

ピエールフレイでは実は家具のラインナップも豊富です。

釘を使わない非常に拘りの製法の家具のようですよ。

 

なんとこちらのソファは座面を引くとさらにクッションが引き出てきて

大きなソファベッドになる商品だそうです。

 

 

とても素敵なチェアですよね。もちろんピエールフレイの椅子張り生地です。

 

家具が置いてある通路のストライプ柄のカーペットもとても素敵ですね。

 

 

 

気になる家具がいっぱいありますよね。

家具のご紹介や販売も可能ですのでぜひお問い合わせ下さい。

 

 

そしてこちらは地下室。

普段はオープンになっていない所なのかもしれないとのことです。

大変貴重なピエールフレイの保管庫 ”アーカイブ” と仰っていたそうです。

 

 

 

年代物でとてもとても貴重な物なものばかりです。

 

 

 

このアーカイブからインスピレーションを得て現代のデザインが生まれてくるとのことです。

凄いですね。

輸入ファブリックの中でも歴史あるトップブランド、ピエールフレイの底力を感じます。

 

ファブリックはその国の文化の象徴とよく言われますが

フランスというインテリア大国の偉大さを感じるピエールフレイのショールームレポートでした。

 

 

日本でもトイレなら個性的なアクセントクロスに挑戦してみようという方が増えて来ていますよね。

ピエールフレイのトイレインテリアもご紹介致しますね。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

PART4に渡る社長のパリ視察のフォトレポートにお付き合い頂きましてありがとうございました。

まだまだご紹介出来なかったブランドやロンドンのチェルシー・デザインセンターについては

また折に触れてご紹介出来たらと思います。

 

 

やはりフランスの空気を吸い、ヨーロッパの町並み・建物の中

インテリアを空間で感じるのがインテリア好きな方には最高の喜びかと思います。

 

ですが名古屋でも、ほんの少し!?(パリに比べてしまうと・・・)

海外のインテリアの楽しさをお感じ頂けるショールームがございます。

ツカサのショールームにはフランスに限らず、欧米各国のインテリア商材がございます。

 

海外インテリアにご興味のある方はぜひショールームでご覧頂きながら

ご一緒に海外へと思いを馳せてはみませんか?

 

 

*新作発表会のお知らせ等、随時更新して参ります。

*ショールームのご案内はこちらです。

https://tsukasa-dc.jp/showroom/