Blog ブログ

ウィリアム・モリス、ジョン・ヘンリー・ダールの名作と暮らすお住まい 名古屋市中区S様邸

Posted date 2018.11.26

【施工事例のご紹介】

「ウィリアム・モリス」と「ジョン・ヘンリー・ダール」という

美しい造形と自然を愛した偉大なデザイナーの名作と暮らす

名古屋市中区S様邸のカーテン施工事例をご紹介いたします。

 

マンションを購入されたのを機にカーテンを検討されていたS様。

マナトレーディングのショールームをご見学された際に

ウィリアム・モリスの世界観を大変気に入られて、この度のオーダーとなりました。

 

マナトレーディング様とのお打合せの後、弊社でのご注文を頂戴いたしました。

 

ではご紹介させて頂きます。

 

 

解放感たっぷりの大きな窓に 圧巻のシェードスタイルです。

ジョン・ヘンリー・ダール

品番:The Brook224561

 

 

 

 

 

 

素晴らしいですよね!!

生地その物が特別な世界観をもっておりますので

このスケールでの表現には、もう「圧巻」としか言いようがないです。

 

一般的な住宅のカーテンというイメージではなく

「美術」・「芸術」として空間に存在しているような感じがしますよね。

 

 

 

こちらはウィリアムモリスのデザインの中でも

世界中にファンの多い 『いちご泥棒』 という名の生地です。

ウィリアム・モリス Strawberry Thief(1883)

 

 

 

本当に素敵ですね!

時代を超えて愛される所以がわかります。

 

カンディハウスの可愛らしいソファベッド「アルプ」との相性もバッチリです。

 

ソファの上にはリビングのカーテンで使われた生地の同じ柄、

色違いでのクッションをコーディネートされています。

 

 

 

 

また、アクセントクロスが印象的なこちらのお部屋では

モダンシックな雰囲気のブルーのドレープと

エレガントなレースカーテンがコーディネートされています。

 

 

リビングの雰囲気とはまた違う、スキッと爽やかな空間です。

こちらもとても素敵ですね!

 

 

とても印象的な空間づくりをされているS様。

空間のグレードがカーテンコーディネートでさらに高まっていらして

本当に憧れのお住まいですよね。

S様、素敵な空間をありがとうございました。

 

 

海外の生地のデザイン・色・素材・テクスチャーはまさに芸術です。

空間や暮らしグレードを高めたい方には

ぜひカーテンやソファ、椅子の張地までにこだわって頂きたい。

違いは一目瞭然です。

 

文化的で質の高い暮らしをインテリアからご提案いたします。

 

ご相談はぜひツカサディザインコマースまでお待ちしております。