Blog ブログ

今期一押しイギリスブランド ZOFFANY・ANTHOLOGY新作発表会(ファブリック編) TOMITA TOKYO(輸入壁紙・輸入ファブリック)

Posted date 2019.05.14

 

先日、イギリステキスタイル界でトップマーケットを獲得している

ZOFFANY(ゾファニー)、ANTHOLOGY(アンソロジー)の

新作発表会を聞きにトミタ京橋ショールームへ行ってまいりました。

 

イギリスから招かれたゾファニー社方々のプレゼンテーションは

一つ一つ丁寧な商品紹介で魅力的な新作との出会いが感動的でした。

生地やデザイン、それぞれのストーリーを聞くことが出来てとても貴重な時間でした。

とても素晴らしい発表会でしたのでご紹介いたしますね!

 

2019年新作 ZOFFANY「ICONS」コレクションです。

世界のデザイン界に大きな影響を与え続けているバウハウスが100周年を迎えたとのことで

バウハウスを中心として、マティスやピカソなどからもインスピレーションを得たデザインの新作です。

他にもフランス、アフリカ、日本をイメージしたニューデザインはとてもユニークです!

 

バウハウスの色やデザインに影響を受けたこちらのデザイン。

100%リネンにプリントされていますがとても色が綺麗でした。

 

 

 

 

こちらのグリーンの鹿柄はフランスの印刷物からアフリカのインスピレーションです。

ベルベットにプリントされてとても素敵です。

深みのあるグリーンにネイビーのプリントがクラシックな印象も受けます。

 

 

 

リネンには刺繍で鹿が描かれており、同じデザインでも異素材で表現することでまた違った表情が楽しめます。

リネンのシャリ感がとてもおしゃれですね!

ナチュラル感が今の時代にとてもよくフィットします。

 

 

トミタショールームではクッションカバーになっていました。

ご覧になられていた方々も素敵!というお声が上がっていましたよ。

紺色のパイピングも可愛いですよね♪

 

 

 

こちらのファブリックはインパクト大で気になっていましたが、

実物を見るとすごく顔が美しくて、想像以上に大きなデザインで驚きました。

筆使いの豊かな動きを感じさせます。

ついつい注目してしまう素敵なファブリックです。

 

 

 

こちらはなんと日本からのインスピレーション。

日本人の私達からすると何を想像しますか?

 

 

こちらは「RAKUGAKI」というデザイン名。

落書き!なんですね。素敵過ぎます。。。

 

そしてショールームのウィンドウディスプレイに飾られていた様子がこちらです。

(広げて頂いてありがとうございました。ボカシを入れさせて頂き申し訳ございません。)

 

ダイナミックですごくカッコイイ!!

白地に濃紺とカーキのアクセントがとても素敵です。

厚みのしっかりあるジャガード織りはプレーンカーテンにおすすめです。

モダンなインテリア空間にぴったり。すっごく格好良かったですよ。

 

 

 

こちらはゾファニーのベストセラーの柄でお話下さった方も好きであると仰っていましたよ。

リネン地にステッチで柄を表現しリバイバルされています。

レッド、ブルー、イエローとバリエーションがありますよ。

 

 

織の地柄がとっても素敵です。

 

リバーシブルではございませんが裏もこのまま使えそうなきれいな仕上がりです。

 

 

 

そしてこちらは針葉樹の森林をイメージしているそうです。

鬱蒼とした葉の重なりは色の濃淡で表現されており

まるで深い森林を下から見上げたようなイメージのファブリックだそうですよ。

 

この生地の凄いところは、デジタルプリントではなく織で描かれているところです!

ですので近くで見ても遠くで見ても裏からみても美しい良い生地良いデザインなのがわかります。

 

 

耐摩耗性にも大変優れており椅子張りにもおすすめです。

小さいサンプルではわかりずらいですが下の写真をご覧いただけると違いがよくわかりますよね。

織でここまでの陰影がデザインされる凄さ!色もさすがの美しさ。

 

 

 

そしてこちらの生地も凄いんですよ。

なんと何色も色を使っているように見えますが1色のみとのこと。

糸の素材、太さ、織方の違いでこんなにも多色に表現されているそうですよ。

今シーズン流行りの藍染のような風合いです。

 

 

 

 

 

それからこちらはショールーム2階のプロメモリアのソファコーナーにコーディネートされて

飾ってありとても素敵だったファブリックです。

ファブリックボードとして飾られていましたよ。

「LONDON1832」という商品名ですが、ロンドンの1832年の街が描かれています。

写真を撮りたかったのですが、多くの方々がいらしたので今回はチャンスを逃してしまいました・・・。

 

ゾファニーのHPにほぼ同じようなサイズのファブリック事例がありましたので画像を拝借します。

 

 

LONDON 1832

 

 

 

トミタのショールームではプロメモリアの白の革張りソファーと大変マッチしていて

こちらの施工写真より明るくモダンな印象を受けました。

地図をモチーフとした壁紙やアートをお探しのお客様が大変多くいらっしゃいますが、

このファブリックボードのモダンさや洗練された雰囲気はかなりおすすめです。

 

シャビー感が強すぎたり、どこか教科書の地図っぽくなってしまいがちなものですが

これは本当にモダンでスタイリッシュ!

アートとしてなら多くのm数は必要ないので価格的にもお値打ちです。

 

地図の壁紙やアートをお探しの方にぜひおすすめです(^^)/

 

 

やっぱりゾファニーいいですよね~。

イギリスブランドはかっこいい!!

日本の建築やインテリアとも相性が良さそうと感じましたよ。

 

壁紙もさらにおすすめしたいコレクションになっています。

壁紙編もお楽しみに。

 

 

先にご紹介したRAKUGAKIの裏面はこちら。

「DARNLEY TOILE VELVET」

ベルベット生地にプリントが施されたとても豪華で圧巻のファブリック。

もちろん、ゾファニーです。

 

こんなに大きな絵柄は海外ファブリックでも珍しいです。

ここぞという空間にぜひご採用ください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

本当に素敵なファブリック☆

弊社のショールームでもたくさんのゾファニー商品をご紹介できますので

ぜひ気になるものがございましたら栄ショールームまでご来店下さいね。

 

ぜひ、実物を見て触ってお楽しみ下さい。

 

~お問合せはツカサディザインコマースまでお待ちしております。~

栄ショールーム 052-957-2333